県立ぐんま天文台

子供たちの教育にも力を入れる内容充実の天文台/けんりつぐんまてんもんだい
開催場所:
県立ぐんま天文台
377-0702 群馬県吾妻郡高山村中山6860-86
駐車場:
100台/駐車場から遊歩道を利用し徒歩15分
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
営業時間:
昼間の施設見学は3月~10月10:00~17:00、11月~2月10:00~16:00、夜間の天体観望は3月~10月19:00~22:00、11月~2月18:00~21:00、いずれも受付は閉館30分
休業日:
夜間の天体観望は金・土・日曜、祝日営業。昼間の施設見学は月曜休(祝日の場合は営業)、年末年始休
料金:
大人300円、高・大学生200円、中学生以下無料
TEL:
0279-70-5300
FAX:
0279-70-5544
詳細情報:
http://www.astron.pref.gunma.jp/
日本人女性初の宇宙飛行士である向井千秋さん(群馬県館林市出身)が宇宙に旅立ったことを記念し高山村の子持山山腹に造られた天文台。開館日の昼間は、予約なしで施設の見学が可能。本館2階の展示室では、ぐんま天文台の望遠鏡や分光器などの観測装置を模型で展示。観測データの解析などの仕事内容を、模型やコンピュータグラフィックスなどを使って解説。太陽望遠鏡スペース (太陽展示コーナー)では、晴天なら太陽望遠鏡がとらえた現在の太陽の姿を観察できる(丸いスクリーンに太陽が直径1mの大きさで投影)。観測普及研究員の話を聞いたりもできる。さらに口径150cmの反射望遠鏡(土曜・日曜・祝日14:00以降または150cm望遠鏡見学ツアーに参加が必要)と口径65cmの反射望遠鏡が見学できる。屋外には季節ごとの日の出、日の入りの位置を示す英国の古代遺跡ストーンヘンジと、日時計や星時計の役割を果たすインドの遺跡ジャンタルマンタルを再現。夜間の天体観望は、晴天ならば、150cm反射望遠鏡と65cm反射望遠鏡を使って星や星雲を観察できる(金・土・日曜、祝日のみ)。【ミュージアム】
問合わせ・連絡先
県立ぐんま天文台
電 話:0279-70-5300