谷川岳

上越国境にあるアルピニスト憧れの山/たにがわだけ
開催場所:
谷川岳
379-1728 群馬県利根郡みなかみ町湯桧曽湯吹山国有林
駐車場:
1500台(谷川岳ベースプラザ)
駐車場料金:
5月~11月は1回500円、12月~4月
駐車場マップ:
アクセス(車):
関越自動車道水上ICから国道291号を9kmで谷川岳ロープウェー谷川土合口駅
アクセス(電車):
JR水上駅から関越交通バス谷川岳ロープウェイ行きで20分、終点下車
TEL:
0278-62-0401
新潟県と群馬県を分ける三国山脈の主峰、谷川岳。標高1963.2mのトマノ耳とその北側の標高1977mのオキノ耳の双峰からなる。トマノ耳には薬師岳、オキノ耳には谷川富士という別称があり、平安時代から宗教登山の対象であることがわかる。山麓の谷川温泉には谷川浅間神社(里宮)もある。上信越高原国立公園の一部で、深い谷や険しい谷壁が発達し、東斜面にはマチガ沢、一ノ倉沢、幽の沢などがあり、ロッククライミングのメッカになっている。昭和6年からの遭難死者数約800名という数は、世界一の魔の山としてギネスブックに認定されている。これは新潟側が冬に豪雪地帯である脊梁山脈であること、一ノ倉沢に代表される断崖絶壁の山ということが原因。安全に山頂を目指すなら、ロープェイとリフトを乗り継ぐ、稜線登山(天神尾根ルート)がおすすめ。リフト終点の天神峠からトマノ耳までは、所要2時間10分ほど。トマノ耳直下には谷川岳肩の小屋もあり、5月~11月上旬の間なら食事付の宿泊も可能(なるべく事前の予約が必要)。【ハイキング・トレッキング】
問合わせ・連絡先
みなかみ町観光協会
電 話:0278-62-0401