妙義神社

江戸時代築の社殿は国の重要文化財/みょうぎじんじゃ
開催場所:
妙義神社
379-0201 群馬県富岡市妙義町妙義6
駐車場:
200台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
上信越自動車道松井田妙義ICから2km
アクセス(電車):
JR松井田駅からタクシーで10分、妙義神社下下車、徒歩10分で本殿
営業時間:
参拝自由、宝物殿は9:00~17:00
休業日:
無休
料金:
宝物殿は大人200円、小人100円
TEL:
0274-73-2119
詳細情報:
http://www.myougi.jp/
白雲山、金洞山、金鶏山の3つの峰からなる、日本三大奇勝(耶馬渓・寒霞渓・妙義山)のひとつ、妙義山。その白雲山東麓の山腹にある古社が、妙義神社だ。創建は539(宣化天皇2)年で、日本武尊、菅原道真、伊勢の豊受(とようけ)大神などが祀られている。古代には波己曽(はこそ)神社と呼ばれ、『三代実録』の859(貞観元)年の条に「授上野国正六位上波己曽神従五位下」とあるのが最古の記録。波己曽とは岩山の意で、妙義山を御神体と考えた山岳信仰につながっている。近世には上野の東叡山寛永寺の別院元光院の兼帯となり復興し、寛永寺座主輪王寺宮の隠居所となった。現存する黒漆塗りの本殿、幣殿・拝殿は国の重要文化財で、おしどり、うさぎ、松など自然をモチーフにした精巧な彫刻が施されており、上毛(じょうもう)の東照宮との別名もある。唐門、総門も国の重文。また妙義山一帯は天狗信仰も根強く、天狗のお守も授与。【日本三大】【寺社】【パワースポット】
問合わせ・連絡先
妙義神社
電 話:0274-73-2119