万座温泉

日本最高所の温泉街は硫黄含有量日本一!/まんざおんせん
開催場所:
万座温泉
377-1528 群馬県吾妻郡嬬恋村干俣
駐車場:
20台(観光協会前)
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
関越自動車道渋川伊香保ICから国道353号・145号を57km走った三原大橋を右折、万座ハイウェーを24km
アクセス(電車):
JR万座・鹿沢口駅から万座プリンスホテル・草津温泉・白根火山行きバスで42分、万座温泉下車
TEL:
0279-97-4000
草津白根山と万座山の裾合谷の1800mの高地に湧く温泉。温泉街としては日本最高所となる。源泉温度は高いときには90度近くに達することもあるほど高温で、泉質は酸性硫黄泉。日本でいちばん硫黄含有量が多い温泉でもあるから温泉パワーは抜群。姥湯(湯畑)、大苦湯、錫湯、鉄湯、苦湯、ラジウム北光泉、法性の湯など10ヶ所以上ある源泉からは、1日540万リットル、しかも泉質は20種というほど少しずつ違う成分の湯が湧出している。岩壁からは時折、硫黄臭とともに水蒸気がわき上がる「空吹き」(空噴)と呼ばれる現象が起こるが、これも火山活動の一種。近年までは硫黄採掘場でもあった。効能は、神経痛、外傷、婦人病など。周囲は原生林に囲まれ、上信越高原国立公園に指定されている。冬にはスキー客でにぎわう(万座温泉スキー場=12月中旬頃~4月上旬頃)。万座プリンスホテル、万座高原ホテル、万座ホテル聚楽など8軒ほどの宿があり、日帰り入浴が可能(万座プリンスホテル=11:00~17:00・大人1100円、小人500円)。すべての宿が源泉掛け流し。11月~5月上旬までのドライブは積雪・降雪の対策が必要。【温泉】【日本一】
問合わせ・連絡先
万座温泉観光協会
電 話:0279-97-4000