医王寺薬師堂

蔵造りのお堂は目の神様として有名/いおうじやくしどう
開催場所:
医王寺薬師堂
377-0102 群馬県渋川市伊香保町伊香保
駐車場:
29台(石段街駐車場)
駐車場料金:
無料/徳冨蘆花記念文学館駐車場(70台/
駐車場マップ:
アクセス(車):
関越自動車道渋川伊香保ICから国道17号を前橋方面に2km走った半田交差点を右折、県道28号を3km走った上野田交差点を右折、県道15号を9km
アクセス(電車):
JR渋川駅から関越交通バス伊香保温泉行きで25分、徳富蘆花記念館前下車、徒歩15分
営業時間:
拝観自由
TEL:
0279-72-3151
伊香保にある医王寺薬師堂は1574(天正2)年、岸筑前守藤原安兼が創建と伝えられる古刹。本尊は、医療を司る薬師如来を祀り、薬効の高い伊香保温泉のシンボル的存在。伊香保神社のすぐ下に位置し、江戸時代には石段街の領有をめぐる地境論争も行なわれたとか。石段街は温泉寺(現在の温泉神社)の土地となったが薬師堂はその後も湯治客や地元の人の信仰を集めた。目の神様として地元では有名で、5月8日には薬師花祭りが開かれ甘茶がふるまわれる。ちなみに寺を創建した岸筑前守藤原安兼は、岸権旅館の祖先で父・岸弾正は信州・深志(今の松本)の豪族だったという。岸家(岸権旅館)、木暮家(ホテル木暮)、千明家(千明仁泉亭)は室町時代から温泉街とともに歩んだ名家。【寺社】【パワースポット】

問合わせ・連絡先
渋川伊香保温泉観光協会
電 話:0279-72-3151