榛名神社

古くから山岳信仰の場として知られた巌山に鎮座する古社/はるなじんじゃ
開催場所:
榛名神社
370-3341 群馬県高崎市榛名山町849
駐車場:
10台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
関越自動車道渋川伊香保ICから国道17号を前橋方面に2km走った半田交差点を右折、県道28号を3km走った上野田交差点を右折、県道15号を8km走った伊香保ビジターセンター前交差点を左折、県道33号を16km
アクセス(電車):
JR高崎駅から群馬バス榛名湖畔行きで1時間15分、榛名神社下車、徒歩15分
営業時間:
開門は8:00~17:00、ご祈祷受付は9:00~15:30
休業日:
無休
TEL:
027-374-9050
詳細情報:
http://www.haruna.or.jp/
榛名(はるな)山の南西麓、標高900mに位置する古社。創建は6世紀後半、586(用明天皇元)年に社殿が創建と伝えられる。明治1年の神仏分離令まで神仏習合で、榛名山寺、巖殿(がんでん)寺などとも呼ばれた。主祭神は火産霊神(ほむすびのかみ=火の神)、埴山毘賣神(はにやまひめのかみ=土の神)。切り立った巨岩を背に権現(ごんげん)造りの本殿があり、御神体は岩窟のなかに祀られている。森閑とした参道には七福神が配され、本殿へと導いてくれる。1806(文化3)年築の本社・幣殿・拝殿と享保年間(1716年~1735年)築の国祖社(神仏分離以前は本地仏を安置した本地堂だった)、安政年間築の神楽殿、双龍門、神幸殿、1847(弘化4)年建立の随神門は国の重要文化財。境内にある矢立杉は、国の天然記念物。武田信玄が箕輪城攻めの際に、戦勝祈願に矢を立てたという伝説の巨杉だ。五穀豊穰と家内安全を祈って奉納される「神代舞」は、群馬県の無形文化財。【寺社】【パワースポット】《武田信玄》
問合わせ・連絡先
榛名神社
電 話:027-374-9050