千垣橋梁

富山地鉄の撮影ポイントにもなる歴史ある鉄道橋/ちがききょうりょう
開催場所:
千垣橋梁
930-1408 富山県中新川郡立山町千垣
駐車場:
5台(富山地鉄千垣駅を利用)
駐車場マップ:
アクセス(車):
北陸自動車道立山ICから25分
アクセス(電車):
富山地方鉄道立山線千垣駅から徒歩6分
大正中期から常願寺川の電源開発を行なうため、建設資材運搬用に県営の鉄道建設が計画された。千垣橋梁は、昭和12年に完成した全長117mの鋼スパンドレルブレーストアーチの鉄道橋。富山地方鉄道立山線千垣駅~有峰口駅間に架かる現役の鉄道橋だ。設計は橋梁工学で知られ、富山県の職員だった小池啓吉。土木学会選奨の土木遺産。芳見橋(富山地方鉄道千垣駅から徒歩6分)は、鉄道撮影スポットになっている。【土木遺産】【鉄道】