仙人谷ダム

黒部峡谷の秘境に造られた発電用ダム/せんにんだにだむ
開催場所:
仙人谷ダム
富山県黒部市宇奈月町黒部奥山国有林内
駐車場:
350台(宇奈月駅前駐車場)
駐車場料金:
1日900円
駐車場マップ:
アクセス(車):
北陸自動車道黒部ICから県道14号・県道13号を13kmで宇奈月温泉
アクセス(電車):
富山地方鉄道宇奈月温泉駅下車
第二次世界大戦前の国家総動員法のもとに築かれた黒部峡谷の発電用ダムで昭和14年の完成。工事資材を運搬するため、工事用軌道を敷設したが、100度以上の高熱の岩盤を掘削するという難工事となった。掘削の様子は吉村昭の小説『高熱随道』で有名となり、映画『黒部の太陽』にも登場する。土木学会の「日本の近代土木遺産―現存する重要な土木構造物2000選」に認定されている。工事用に掘削されたトンネルは、関西電力黒部専用鉄道の一部で一般の乗車は今も不可。ちなみに現在熟達者向けの登山道である水平歩道は、仙人ダム建設に際して調査測量のために切り開いた歩道。仙人ダムの上流はS字峡などのある黒部下廊下。下流には阿曽原温泉小屋がある。【近代化産業遺産】