片貝川東山円筒分水槽

日本で最も美しいと評される円筒分水/かたがいがわひがしやまえんとうぶんすいそう
開催場所:
片貝川東山円筒分水槽
937-0015 富山県魚津市東山
駐車場:
無/県道331号沿線片貝川河川敷などを利用
駐車場マップ:
魚津市を流れる片貝川は急流河川として有名で、川沿いではいわゆる「我田引水」の水争いが多かった。円筒分水とは、農業用水を正確に一定の割合で配分するため施設。片貝川右岸(上流から見て右岸)、東山地内にある直径9.12mのコンクリート製円筒の真ん中から水が吹き上げている。サイフォンの原理で円筒状構造物の中央部から水を流出し、外周部に流すシステムで、大正年間に考案され、昭和初期に吹き上げ式の円筒分水が造られるようになった。片貝川東山円筒分水槽は、昭和30年の完成。円筒分水槽は各用水路の面積割を円周長で比例分水する設計のため、上流からの水量の変化に影響されることなく公平に分水が可能。現在でも用水の供給に貢献しているのだ。円筒上部の外周部を3つに区切り、青柳、天神野、東山の各用水に4:4:2の割合で水を分流。左岸の貝田新円筒分水槽で分水した水を片貝川の川底に埋めたヒューム管を通して、サイフォンの原理で取水。富山県内には東山円筒分水槽のほかに、貝田新円筒分水槽(魚津市/片貝川の左岸)、上市川沿岸円筒分水場円筒分水槽(上市町)、赤祖父溜池円筒分水(南砺市)がある。【名水】