二口熊野社

熊野信仰を今に伝える古社/ふたくちくまのしゃ
開催場所:
二口熊野社
939-0234 富山県射水市二口1976
駐車場:
駐車場マップ:
アクセス(車):
北陸自動車道小杉ICから15分
アクセス(電車):
あいの風とやま鉄道越中大門駅から徒歩で10分
営業時間:
参拝自由
TEL:
0766-52-2372
1609(慶長14)年、前田利長が高岡城築城の際に大門水戸田(今の熊野山密蔵寺の場所)にあった熊野社を鎮守として遷座する際、休憩所として使用された場所に記念として社を創建というが定かでない。熊野新宮とも呼ばれるので、水戸田を本宮、二口熊野社が新宮という位置づけとも推測できる。自然石を組み立てた「熊野の化け灯籠」と呼ばれる灯籠がある。秋季例大祭(9月第1土曜)で齋行される『火渡り神事』は、2mもの高さに積んだわらを燃やし、その炎の中を駆け抜け、けがれを焼き払うというもの。熊野山伏の火渡りを踏襲する神事だ。熊野山密蔵寺(水戸田熊野山)への道は今も熊野街道と呼ばれ、その入口の大門地区にあるのが二口熊野社。まさに熊野詣での大門だったというわけだ。【寺社】【祭】

問合わせ・連絡先
二口熊野社
電 話:0766-52-2372