越中陶の里「陶農館」

越中瀬戸焼を展示販売/えっちゅうすえのさととうのうかん
開催場所:
越中陶の里「陶農館」
930-3247 富山県中新川郡立山町瀬戸新31
駐車場:
50台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
営業時間:
9:00~16:00、陶芸体験は9:00~16:00(前日までに要予約)
休業日:
火曜(祝日の場合は翌日)、12月28日~1月4日休、陶芸体験は第2・第4木・土・日曜のみ受付(絵付けは随時受付)
料金:
陶芸体験は粘土1kgまで大人1500円、小人1200円、絵付けは湯呑み1000円~
TEL:
076-462-3929
詳細情報:
https://www.yoshimine.or.jp/play/02.html
立山町にある越中瀬戸焼と農業の「陶農一体」とする文化を伝えることを目的とした施設。越中瀬戸焼は、加賀藩主・前田利長が尾張国瀬戸(現・愛知県瀬戸市)から陶工(彦右エ門・小二郎・孫市・市右エ門・長八ら)を招いて瀬戸村をつくったのが始まり。今でも伝統を受け継ぐ庄楽窯、四郎八窯、千寿窯、枯芒ノ窯があり、エントランスでは窯元の作家の作品を展示販売している。館内には登り窯、陶芸室、お茶室があるほか、地元立山町の産物を直売するショップが入っている。陶芸教室も実施。

問合わせ・連絡先
越中陶の里「陶農館」
電 話:076-462-3929