黒部川扇状地湧水群

地元で「ほりぬきの水」と呼ばれる北アルプスの湧水/くろべがわせんじょうちゆうすいぐん
開催場所:
黒部川扇状地湧水群
938-0005 富山県黒部市吉田
駐車場:
10台(生地駅)、10台(扇状地湧水公苑)などを利用
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
北陸自動車道黒部ICから20分
アクセス(電車):
あいの風とやま鉄道生地駅から徒歩5分
地元で「ほりぬきの水」と呼ばれる北アルプス立山連峰の伏流水。入善町・黒部市にまたがる黒部川の扇状地では各地で水が湧いている。これが環境省の名水百選に選ばれた黒部川扇状地湧水群。入善町の扇状地湧水公苑ほか、隣にあった豆腐店が絹ごし豆腐を作っていたことが名の由来という生地の「絹の清水」、生地駅前の「清水の里」など随所で水が湧いている。黒部市生地地区は、18ヶ所の湧水ポイントがあり生活に利用されているが個人宅で利用するのを含めると600の湧水スポットがあるという。共同洗い場だけでも地区内に6ヶ所もある。生地駅前の湧水、「清水の里」は、地下60mから湧く水で、水温は常時11度と冷たい(冬は温かく感じる)。かつては蒸気機関車の機関士も利用した水だとか。浦山一雄作の『コートの少女』像も立っている。【名水百選】【ジオパーク】