越中寿し本舗おかだや

鱒寿司を手作りするこだわりの店/えっちゅうすしほんぽおかだや
開催場所:
越中寿し本舗おかだや
939-0274 富山県射水市小島3938
駐車場:
5台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
北陸自動車道小杉ICから20分
アクセス(電車):
JR越中大門駅から徒歩10分
営業時間:
10:00~18:00
休業日:
火曜休
TEL:
0766-52-1141
FAX:
0766-52-1952
詳細情報:
http://www.okada-sushi.com/
駅弁でも有名な富山の鱒寿司。現在、富山県下には三十数社のメーカーがあるというが手作りにこだわった鱒寿司で人気なのが「おかだや」。もともとは握り寿司の寿司屋(昭和39年創業)だったといい、「寿司米は富山県産のコシヒカリを使っているので、あまり押す必要がありません」とは若女将で富山県の「食の語り部」、岡田聖子さんの解説。古代米(黒米)で立山連峰を表現し、鱒だけでなく季節には鮎など『万葉集』に登場の魚を使った押し寿司はその名も『立山の賦』。鱒で1404円。手作りのため数量限定で、富山空港でも販売されるが品切れのこともあるとか。『立山の賦』は万葉歌人の大伴家持が越中の国守から都に戻るときに、富山の素晴らしさを歌に託し、みやげにしたもの。「炊飯時には立山の伏流水である富山湾深層水を入れています」とのこと。店長の岡田伸治さんが一つずつ手作りする押し寿司は、店内で味わうこともできるが、できたてよりも1日置いてから食べるのがベストとか。【グルメ】【地産地消】【万葉集】【通販】
問合わせ・連絡先
越中寿し本舗おかだや
電 話:0766-52-1141