越中八尾観光会館(曳山展示館 )

越中八尾曳山祭に登場の曳山を展示/えっちゅうやつおかんこうかいかんひきやまてんじかん
開催場所:
越中八尾観光会館(曳山展示館 )
939-2342 富山県富山市八尾町上新町2898-1
駐車場:
50台(越中八尾観光会館駐車場)
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
北陸自動車道富山西ICから県道41号・国道472号を12km
アクセス(電車):
JR越中八尾駅からタクシーで10分
営業時間:
9:00~17:00
休業日:
12月29日~1月3日休
料金:
大人500円、高校生以下300円
TEL:
076-454-5138
詳細情報:
http://www.yatsuo.net/kankou/
おわら踊りと八尾曳山の展示館で越中八尾観光会館に併設。八尾曳山の神事は1741(寛保元)年に、現在の下新町八幡社の社殿葺き替えの際に、花山に人形と役者を乗せ境内で芝居を演じ、町を曳きまわったのが始まり。例年5月3日に開催されている。曳山6台のうち3台を常時展示。江戸時代の町民文化の粋を集めて造られた曳山は、彫金や漆が施され絢爛豪華なもの。どうして八尾に曳山文化が繁栄したかといえば、養蚕の取引が盛んだったから。飛騨山脈と富山平野の接点という地理的な要因を生かし、藩政時代には「富山藩の御納戸」と呼ばれていたのだ。1813(文化10)年頃には八尾の蚕種が全国の4分の1を占めていたという。おわら踊りの実演「風の盆stage」も月2回第2・第4土曜に八尾曳山展示館ホールで上演される。【祭】【ミュージアム】

問合わせ・連絡先
越中八尾観光協会
電 話:076-454-5138