称名滝

称名渓谷にかかる落差日本一の滝/しょうみょうだき
開催場所:
称名滝
930-1402 富山県中新川郡立山町桂台
駐車場:
190台(称名平駐車場)
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
北陸自動車道立山ICから県道6号を29kmの桂台から県道170号を4kmで称名滝駐車場。称名滝駐車場から徒歩20分
アクセス(電車):
富山地方鉄道立山駅前から立山開発鉄道バス称名滝行きで20分、終点下車
営業時間:
称名滝ゲート開門7:00~18:00(7~8月は6:00~19:00)
休業日:
4月下旬~11月上旬ゲート開門
TEL:
076-432-2819
詳細情報:
http://www.alpen-route.com/
立山連峰、称名渓谷にかかる称名滝は落差350mで日本一を誇る大瀑布。雄山、大汝山、真砂岳、剣御前岳など立山連峰を源に発し、V字谷の称名峡谷を流れる称名川にかかる。1段目は70m、2段目58m、3段目が96m、4段目が126mと4段になって落下する。滝壺は、直径60m、深さ6m。溶岩台地である弥陀ヶ原高原から一気に落下する。称名滝駐車場から称名橋まで20分ほど歩けば、「日本の滝百選」にも選ばれる大迫力の勇姿を間近に眺望。さらにひと登り頑張れば滝見台園地もある。称名橋の手前から右手に上る八郎坂はかつての立山登拝道で、弥陀ヶ原まで所要3時間30分。滝自体は美女平と室堂を結ぶ高原バスの車窓からも見学可能だ。ちなみに雪融けの水が流れるハンノキ滝(落差497m)も称名滝の横にあるが、残念ながら涸れることもあるため、日本一の座は称名滝に譲っている。紅葉の見頃は例年10月上旬。【滝】【日本一】【ジオパーク】【渓谷】【ハイキング・トレッキング】【日本の滝百選】
問合わせ・連絡先
立山黒部アルペンルート オフィシャルガイド
電 話:076-432-2819