弥陀ヶ原遊歩道

餓鬼田や湿原植物を観察する/みだがはらゆうほどう
開催場所:
弥陀ヶ原遊歩道
930-1412 富山県中新川郡立山町弥陀ヶ原
駐車場:
300台(千寿ヶ原駐車場)
駐車場料金:
無料/立山駅周辺には無料駐車場(1000
駐車場マップ:
アクセス(車):
北陸自動車道立山ICから県道6号を25kmで千寿ヶ原
アクセス(電車):
富山地方鉄道立山駅から立山開発鉄道立山ケーブルカーで7分、美女平駅下車。立山高原バスに乗り換え30分、弥陀ヶ原下車
TEL:
076-432-2819
詳細情報:
http://www.alpen-route.com/
弥陀ヶ原は約10万年前の立山火山噴出物によって形成された台地。日本国内では最も標高の高い所にあるラムサール条約登録湿地(「立山弥陀ケ原・大日平」)の弥陀ヶ原には、バス停を起点に散策する遊歩道が整備されている。所要2時間の外回りコースと所要1時間の内回りコースで、湿原には木道も整備されている。弥陀ヶ原は、餓鬼田とよばれる池塘が点在し、高山植物の宝庫。野鳥や蝶、トンボなどが棲息し、自然観察にも最適。木道の途中にはベンチもあり、大日岳など周囲の山々をゆったり眺望することもできる。再びバスに乗車する場合は弥陀ヶ原駅で乗車予約が必要。【避暑】【ハイキング・トレッキング】
問合わせ・連絡先
立山黒部アルペンルート オフィシャルガイド
電 話:076-432-2819