廣貫堂

富山の歴史ある配置薬をおみやげに/こうかんどう
開催場所:
廣貫堂
930-0055 富山県富山市梅沢町2-9-1
駐車場:
30台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
北陸自動車道富山ICから国道41号を富山市街方面に3km走った西中野1を右折、500m
アクセス(電車):
JR・あいの風とやま鉄道富山駅前の富山駅前電停から富山地方鉄道の市内電車南富山駅前行きで9分、広貫堂電停下車、すぐ
営業時間:
9:00~17:00
休業日:
年末年始休
TEL:
076-424-2310
詳細情報:
http://www.koukandou.co.jp/
富山2代目藩主前田正甫公が始めた富山の配置家庭薬業。歴代の藩主は、「反魂丹役所」を運営するなどして薬業育成に努めたが、明治9年に反魂丹役所が改変されて企業化したのが廣貫堂。廣貫堂資料館として富山の売薬の歴史や、北前船による昆布ロードとの関わりなどを解説するほか、自慢の薬を販売している。六神丸(ろくしんがん)は、400年前に中国で処方されたのが始まりといわれる和漢強心剤。「小さな粒に大きな安心」のキャッチフレーズで親しまれる創業当初からの伝統薬だ。麝香(ジャコウ)、蟾酥(センソ)、牛黄(ゴオウ)、熊胆(ユウタン)、人参(オタネニンジン)、沈香(ジンコウ)が配合されている。ちなみに蝦夷地(北海道)で産した昆布は北前船で富山の売薬商人を介して琉球へと運ばれ、中国に輸出された。逆に中国から密かに輸入さえた和漢薬の原料が北前船で富山へと運ばれたのだ。

問合わせ・連絡先
廣貫堂
電 話:076-424-2310