鷹狩山

大町にある北アルプスの大展望台/たかがりやま
開催場所:
鷹狩山
399-7301 長野県大町市八坂
駐車場:
20台/冬期間は積雪のため通行不可
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
長野自動車道麻績ICから約25.6km(54分)。または、安曇野ICから約36.7km(1時間1分)
大町市街の東に聳える1167mの山が鷹狩山。山頂まで車道も通じており、市街地から20分ほどで後立山連峰一望の大パノラマを得ることができる。北は白馬岳から南は常念岳・蝶ヶ岳というワイドなパノラマが自慢。表銀座の山々(燕岳、大天井岳)は眺望でき、条件が良ければ合戦尾根の上に槍の穂先もわずかに顔をのぞかせる。眼下の高瀬川や大町市街の眺めも圧巻だ。山頂には「アルプス展望レストランたかがり」もあるが営業に関しては事前に確認を。冬季(例年12月中旬~3月くらいまで)は車両通行止めとなる。大町山岳博物館から林道を歩く「鷹狩山・霊松寺トレッキングコース」は、登り1時間30分。ドライブの場合は東の八坂方面からのアプローチもあるが、西の大町市街からの方が道の広いしわかりやすい。北から霊松寺山(1128.6m)、鷹狩山、南鷹狩山(1147.4m)と続く山塊を大峰山地と総称している。また、鷹狩山の山頂には船乗りの守り神である金刀比羅宮が鎮座しているが、旧八坂村切久保集落の里人が近世に讃岐国(香川県)から勧請したもの。【絶景】【展望台】