高岡商工会議所伏木支所(旧伏木銀行)

伏木の歴史を物語る銀行建築/たかおかしょうこうかいぎしょふしきししょきゅうふしきぎんこう
開催場所:
高岡商工会議所伏木支所(旧伏木銀行)
933-0104 富山県高岡市伏木湊町7-1
駐車場:
駐車場マップ:
アクセス(車):
能越自動車道高岡北ICから15分
営業時間:
外観のみ見学
TEL:
0766-20-1453
明治41年に伏木銀行として建てられた土蔵造りの銀行建築。寄せ棟、瓦葺き、土蔵造りという町家の雰囲気ながら、玄関ポーチの柱、上げ下げ窓、軒蛇腹など洋風の意匠を取り入れたユニークな建築物で、国の登録有形文化財。高岡市歴史的風致形成建造物。建設当初は外壁が黒漆喰だったという。北前船で栄えた伏木港は(高岡市伏木地区)、明治32年に伏木港は開港場(外国との貿易が可能な港)の指定を受けた。伏木銀行は、明治29年設立。昭和4年に伏木殖産銀行と合併して伏木商業銀行となり、昭和8年に業務停止となっている。昭和48年に高岡商工会議所伏木支所となっているが、一般には外観の見学のみ。富山県内にある銀行建築には砺波郷土資料館(旧中越銀行本館)、小杉展示館(旧小杉貯金銀行本店)、若井家住宅主屋(旧中越銀行)、富山銀行本店、旧十二銀行がある。【建築】

問合わせ・連絡先
高岡市教育委員会文化財課
電 話:0766-20-1453