魚津城跡

織田と上杉が激突した城跡は小学校に/うおづじょうあと
開催場所:
魚津城跡
937-0866 富山県魚津市本町1-10
駐車場:
富山県魚津総合庁舎駐車場を利用
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
TEL:
0765-22-2244
松倉城(守山城、増山城と並び越中三大山城のひとつ)の支城で、現在の魚津市街に築かれた平城。1335(建武2)年、椎名孫八入道によって築城されたという歴史ある城だ。1568(永禄11)年、甲斐の武田と手を結んだ椎名康胤(しいなやすたね)に対して上杉謙信は激怒し、魚津城、松倉城を攻略。上杉氏の越中支配における重要拠点となった。謙信没後の1582(天正10)年、魚津城の戦いが起こり、柴田勝家を総大将とする織田信長軍(前田利家、佐々成政ら)と上杉景勝軍が激突(上杉景勝は援軍を率いて天神山に布陣)。織田軍4万の大軍は、城を攻略するも本能寺の変が勃発し、織田軍は退却。上杉勢が奪還するものの、越中平定を目ざす佐々成政が掌握。藩政時代には前田家の統治となるが、元和の一国一城令で廃城になっている。1785(天明5)年の『越中魚津町惣絵図』によれば、本丸を三方から取り囲んで二の丸が配されていた。廃城後は、本丸跡を加賀藩の米蔵や武器庫として活用。明治以降は小学校や裁判所の用地となった。富山県魚津総合庁舎西側一帯の、大町小学校、大町幼稚園、富山地方検察庁魚津支部にあたりで、海側が大手(玄関)となっていた。NHK大河ドラマ『天地人』でも「魚津城の戦い」が描かれている。魚津城の戦いで壮絶な死を遂げた吉江宗信役は、俳優・山本圭が好演。【城跡】【上杉謙信】

問合わせ・連絡先
魚津市観光案内所
電 話:0765-22-2244