富山市民俗民芸村とやま土人形工房

富山の伝統的郷土玩具である土人形を紹介/とやましみんぞくみんげいむらとやまつちにんぎょうこうぼう
開催場所:
富山市民俗民芸村とやま土人形工房
930-0881 富山県富山市安養坊1118-1
駐車場:
105台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
北陸自動車道富山IC、または、富山西ICから20分
アクセス(電車):
JR・あいの風とやま鉄道富山駅から富山地鉄バス呉羽老人センター行きで富山市民俗民芸村下車、徒歩すぐ(10:00~16:00の毎時00分に無料の富山ミュージアムバス「ぐるりん」も利用可能)。または、JR富山駅からタクシーで10分
営業時間:
9:00~17:00(入館は16:30まで)
休業日:
12月28日~1月4日休
料金:
1館大人100円、小・中学生50円、全館大人520円、小・中学生260円
TEL:
076-431-4464
FAX:
076-431-4464
詳細情報:
http://www.city.toyama.toyama.jp/etc/minzokumingei/
富山の伝統的郷土玩具である土人形は、幕末に富山10代藩主・前田利保が尾張の陶工、加藤家の陶器職人であった広瀬秀信を富山に呼び、富山城内の千歳御殿に千歳窯を築き、その子・広瀬安次郎が作陶のかたわら天神臥牛を焼いて献上したのが始まり。「とやま土人形」は、現在「とやま土人形伝承会」が保存伝承している。土人形は天神様、おひなさま、鯛船など70種もの種類がある。とやま土人形工房の1階が販売コーナー、2階が制作工房で、抱き雛、招き猫、土鈴への絵付け体験も楽しめる。【ミュージアム】

問合わせ・連絡先
富山市民俗民芸村とやま土人形工房
電 話:076-431-4464