群馬県立歴史博物館

群馬の森にある歴史博物館/ぐんまけんりつれきしはくぶつかん
開催場所:
群馬県立歴史博物館
370-1293 群馬県高崎市綿貫町992-1群馬の森公園内
駐車場:
330台(群馬の森正面入り口駐車場)
駐車場料金:
無料/群馬の森北入口駐車場(230台)
駐車場マップ:
アクセス(車):
関越・上信越自動車道藤岡ICから10分、関越自動車道高崎ICから15分、北関東自動車道前橋南ICから15分
アクセス(電車):
JR高崎線倉賀野駅からタクシーで10分、JR高崎線高崎駅から市バス「ぐるりん」10系統群馬の森線「中居団地先回り」で26分、9系統群馬の森線「健大先回り」で35分、群馬の森下車
営業時間:
9:30~17:00(入館は16:30まで)【平成28年4月まで改修工事休館中】
休業日:
月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始休【平成28年4月まで改修工事休館中】
料金:
大人200円、高・大学生100円、中学生以下無料、特別展開催時は別料金【平成28年4月まで改修工事休館中】
TEL:
027-346-5522
FAX:
027-346-5534
詳細情報:
http://grekisi.pref.gunma.jp/
群馬の森にある歴史博物館で、岩宿遺跡に始まる群馬県の原始時代から近代・現代までを5つの展示室で紹介。古代の展示室では近くの綿貫観音山古墳から出土した埴輪群、多胡碑(レプリカ)などを展示し、毛野(けぬ)に豪族連合を形成し巨大な古墳を築造した4世紀~5世紀、上毛野国(かみつけのくに)として大陸からの新しい文化や技術が伝搬した6世紀、さらに律令国家の形成とともに上野国(こうずけのくに)として中央集権体制に組み込まれた7世紀以降をわかりやすく解説。中世の展示室では、新田一族らが鎌倉御家人の活躍、上杉・武田・北条氏ら戦国大名の攻防を解説。近世では天明の浅間山大噴火や、桐生や伊勢崎を中心にした織物業の発達を学べる。併設のミュージアムショップでは郷土書なども充実している。平成28年4月まで改修工事休館中。【ミュージアム】

問合わせ・連絡先
群馬県立歴史博物館
電 話:027-346-5522