保渡田古墳群・薬師塚古墳

西光寺境内となった古代の古墳/ほとだこふんぐんやくしづかこふん
開催場所:
保渡田古墳群・薬師塚古墳
370-3533 群馬県高崎市保渡田1872(西光寺)
駐車場:
100台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
関越自動車道前橋ICから県道10号経由で20分
TEL:
027-321-1292
高崎市保渡田・井出地区の田園地帯にある二子山古墳、八幡塚古墳、薬師塚古墳の3つの前方後円墳の総称が保渡田古墳群。いずれも墳丘長は100mもある大きなもので、二重の堀を巡らし、多量の埴輪を並べていたと推測されている。東日本でも有数の古墳で国の史跡に指定されている。そのうちでもっとも北に位置し、最後(5世紀末~6世紀初頭)に築造されたのが墳長105m(周堀を含めた全長は165m)の薬師塚古墳。後円部頂上には凝灰岩をくりぬいた舟形石棺が配されていた。古墳から出土した小型の国産鏡・装身具の各種玉類・儀式の際に馬を飾る馬具類など「上野国保渡田薬師塚古墳出土品」は国の重要文化財に指定されている。現在は西光寺境内にあり、墳丘は著しく変形している(本格的な発掘調査も実施されていない)。上野保渡田薬師塚古墳出土品は、1683(天和3)年、当時の西光寺住職が舟形石棺を発掘した際に出土した13種、393点におよぶ豊富な副葬品のこと。【日本の歴史公園100選】【古墳】【古代史】

問合わせ・連絡先
高崎市文化財保護課
電 話:027-321-1292