群馬県立土屋文明記念文学館

アララギ派の歌人で万葉集研究家でもある土屋文明を学ぶ/ぐんまけんりつつちやぶんめいきねんぶんがくかん
開催場所:
群馬県立土屋文明記念文学館
370-3533 群馬県高崎市保渡田町2000
駐車場:
50台/9:30~17:00
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
関越自動車道前橋ICから県道10号経由で20分
営業時間:
9:30~17:00(入館は16:30まで)
休業日:
火曜(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月3日休
料金:
大人200円、高・大学生100円、中学生以下無料、企画展開催中は別料金
TEL:
027-373-7721
FAX:
027-373-7725
詳細情報:
http://www.bungaku.pref.gunma.jp/
歌人・土屋文明の業績を顕彰し、その短歌とともに生きた生涯を紹介する県立のミュージアムで国指定の保渡田古墳群一帯を歴史公園にした上毛野はにわの里公園にある。土屋文明は、明治23年、群馬県西群馬郡上郊村(かみさとむら)保渡田(現・高崎市保渡田町)の農家に生まれ、高崎中学卒業後、上京し伊藤左千夫の家に住み込みながら短歌の指導を受け『アララギ』に参加。昭和5年には斎藤茂吉から編集発行人を引き継ぎアララギの指導的存在となる。平成2年、100歳で死去。常設展示室では土屋文明の生涯、歌集『ふゆくさ』刊行、『万葉集』との出会い、『アララギ』の編集発行人という業績を詳しく解説。企画展や特別展では県立文学館として群馬県にゆかりのある文学者の資料などを紹介。【ミュージアム】《万葉集》
問合わせ・連絡先
群馬県立土屋文明記念文学館
電 話:027-373-7721