赤城山

上毛三山のひとつで上州を代表する名山/あかぎやま
開催場所:
赤城山
371-0101 群馬県前橋市富士見町赤城山
駐車場:
70台(赤城大沼駐車場)
駐車場料金:
無料/赤城公園・大洞駐車場、新坂平駐車場
駐車場マップ:
アクセス(車):
関越自動車道前橋ICから国道17号を前橋市街方面に5km走った住吉町交番前交差点を右折、300m走った県民会館前交差点を左折、県道4号を27km
アクセス(電車):
JR前橋駅から関越交通バス赤城山ビジターセンター行きで、1時間11分、終点下車
営業時間:
群馬県立赤城公園ビジターセンター9:00~15:45
休業日:
群馬県立赤城公園ビジターセンターは月曜(祝日の場合は翌日)休、冬期は不定休
TEL:
027-287-8402
榛名(はるな)山、妙義山とともに、上毛(じょうもう)三山の一座で日本百名山に数えられる赤城山。カルデラからなる複成火山で、最高峰・黒檜山(くろびさん/1827.6m)は外輪山の一部でもある。中央火口丘の地蔵岳(1673.9m)、寄生火山である鍋割山(1332.3m)のほか、火口原には、大沼(おの=カルデラ湖)、小沼(この=火口湖)、覚満淵(かくまんぶち=カルデラ湖)のカルデラ湖や火口湖が点在する。地蔵岳西北の火口原は白樺牧場になっている。赤城山の山上一帯1290haは、県立赤城公園となっている。白樺牧場(10万株)など一帯は14種50万株のツツジがあり、5月上旬から7月上旬にかけて花見も楽しめる。火口原ではミズナラの群落、シラカバの群落も見事だ。牧場の北東には見晴台(見晴山)と呼ばれる標高1458mのピークもあり、駐車場から徒歩15分の散策で展望台。大沼の東岸、最高峰黒檜山の山麓には赤城山を御神体とする赤城神社が鎮座(地蔵岳の東麓には遷座前の元宮跡地もある)。覚満淵近くには県立赤城公園ビジターセンターもある。覚満淵は、赤城山唯一の湿原で木道も整備され一周30分のハイキングも可能。【火山地形】【ハイキング・トレッキング】
問合わせ・連絡先
群馬県立赤城公園ビジターセンター
電 話:027-287-8402