高山社跡

旧高山村にある養蚕業の研究・教育機関で世界遺産構成資産/たかやましゃあと
開催場所:
高山社跡
375-0036 群馬県藤岡市高山237
駐車場:
市営駐車場を利用(高山社跡前の駐車場はハンデキャップを有する
駐車場マップ:
アクセス(車):
上信越自動車道藤岡ICから20分で市営駐車場(駐車場から三名川沿いの遊歩道で徒歩5分)
アクセス(電車):
JR高崎線新町駅から多野藤岡広域路線バス「かんながわ号」で35分、高山社跡下車。八高線群馬藤岡駅から市内循環バス「めぐるん」約35分、高山社跡下車
営業時間:
9:00~17:00(6月~8月は18:00まで)
休業日:
12月28日~1月4日休
料金:
無料
TEL:
0274-23-5997
世界文化遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産で、国の史跡。「養蚕改良高山社」の創始者・高山長五郎の生家で、養蚕法「清温育」の研究と社員への指導をここで行なっていた。明治6年に高山長五郎は、「養蚕改良高山組」を設立し、養蚕法の改良と組合員への指導を実施。明治17年に会社組織に改めて「養蚕改良高山社」の社長に就任した。手狭になったため明治20年には藤岡市に事務所と伝習所を移し、自宅は高山分教場として残した。蚕室(養蚕用家屋)と付属屋が現存し、敷地全体が世界遺産構成資産となっている。解説員が常駐し、高山社や養蚕の歴史についての解説を行なっている。ちなみに「清温育」は、人工的に温度と湿度を管理した「温暖育」と、自然にまかせた「清涼育」の長所を取り入れた「折衷育(せっちゅういく)」。気温と換気を重視し、蚕の食べる桑の管理の仕方や、蚕の成長段階に応じた桑の与え方をマニュアル化したもの。たとえば脱皮前(眠期の直前)は食欲が旺盛なため、給桑量を増やすと体力がつき、丈夫な蚕になるなどと、これまでの経験をマニュアル化した。【世界遺産】
問合わせ・連絡先
藤岡市教育委員会文化財保護課
電 話:0274-23-5997