花の駅・片品「花咲の湯」

ハーブが植えられたガーデン風の露天風呂が人気の立ち寄り湯/はなのえきかたしなはなさきのゆ
開催場所:
花の駅・片品「花咲の湯」
378-0408 群馬県利根郡片品村花咲1113
駐車場:
100台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
関越自動車道沼田ICから国道120号(日本ロマンチック街道)を丸沼高原方面に23km走った平川交差点を左折、県道64号を5km
アクセス(電車):
JR沼田駅から関越交通バス鎌田方面行きで59分、終点下車、花咲行きに乗り換えて20分、山崎下下車、すぐ
営業時間:
4月~10月、年末年始とスキーシーズンの土・日曜、祝日は10:00~21:00(入館は20:30まで)、11月~3月は10:00~20:00(入館は19:30まで)
休業日:
第2・第4水曜休(祝日の場合は営業)
料金:
5時間まで大人650円、3歳~小学生450円、5時間以上大人850円、3歳~小学生650円、レストラン、売店は入館無料
TEL:
0278-20-7111
FAX:
0278-58-4433
詳細情報:
http://www.hanasakunoyu.com/
武尊山(ほたかやま)山麓、片品村花咲地区にある女性に大人気の立ち寄り湯。大浴場は「香の湯」と「風の湯」のふたつ。「香の湯」には季節の花とハーブの香りが植えられたガーデン風の露天風呂「香湯」を併設し皇海山を眺望。「風の湯」は野趣あふれるロックガーデン風の露天風呂を併設。男女は1日交替に入れ替わり、奇数日は女性が「香の湯」。泉質はアルカリ性単純温泉で神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、疲労回復などに効果がある。館内には館林市出身のシルクスクリーン版画家・小暮真望のギャラリーもあり『夏の至仏山 ニッコウキスゲ』などの作品を展示している。小暮真望氏は明治大学工学部大学院で、工学デッサンをマスター、さらにホンダで、初代CITYのエンジン開発責任者という異色の経歴の持ち主だ。また地粉で打ったそばなど片品の食材を使ったレストラン「花咲」もある。【温泉】

問合わせ・連絡先
花の駅・片品「花咲の湯」
電 話:0278-20-7111