尾瀬ヶ原

本州最大の高層湿原を歩く/おぜがはら
開催場所:
尾瀬ヶ原
378-0411 群馬県利根郡片品村戸倉
駐車場:
120台(鳩待峠駐車場を利用)
駐車場料金:
1回2500円/マイカー規制時はスノーパ
駐車場マップ:
アクセス(車):
関越自動車道沼田ICから国道120号を38kmで尾瀬戸倉温泉。さらに県道63号・県道260号を10kmで鳩待峠。GW、夏休み、紅葉シーズン(10月)の週末にはマイカー規制を実施。スノーパーク尾瀬戸倉駐車場に車を入れ路線バス、タクシーを利用
アクセス(電車):
JR沼田駅から関越交通バス大清水方面行きで1時間30分、鳩待峠行きバス連絡所下車、関越観光バス鳩待峠行きに乗り換え25分、終点下車、徒歩1時間で尾瀬ヶ原西端の山ノ鼻
日光国立公園の北西部を占める日本有数の高層湿原でもちろんラムサール条約の登録湿地。2000m級の山々に取り囲まれた標高1400mの盆地に、東西約6km、南北2kmにわたって大湿原が広がる。上田代、中田代、下田代に分かれ、春から秋にかけて咲き誇る湿生植物の種類は多種多様。ミズバショウ、ニッコウキスゲをはじめとする湿原を彩る花々の最盛期には、多くの人でにぎわう。尾瀬ヶ原の水は只見川となって日本海に流れ出ている。西端の山ノ鼻に群馬県が設置する尾瀬山の鼻ビジターセンターが建つほか、山ノ鼻北側の尾瀬植物研究見本園に付けられた木道なら、一周1時間で湿原の花を手軽に観察できる。山ノ鼻へは鳩待峠から徒歩1時間(復路は1時間30分)。尾瀬沼は尾瀬ヶ原の東4kmに位置する。至仏山荘(尾瀬ヶ原西端の山ノ鼻にある)、東電小屋(尾瀬ヶ原北側)など尾瀬の山小屋は完全予約制となっているので入山にあたっては注意を。【ハイキング・トレッキング】【湿原】【ラムサール】【自然観察】