鬼押出し園

鬼押ハイウェー沿いにある熔岩流の岩海/おにおしだしえん
開催場所:
鬼押出し園
377-1524 群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1053
駐車場:
750台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
上信越自動車道碓氷軽井沢ICから県道92号・県道43号を9km走った新軽井沢交差点を左折、4km走った中軽井沢駅前から、国道146号・鬼押ハイウェーを17km
アクセス(電車):
JR万座・鹿沢口駅から西武高原バス軽井沢駅行きで25分、鬼押出し園下車
営業時間:
8:00~17:00(入園は16:30まで)、季節により変更
休業日:
3月中旬~12月上旬営業、期間中は無休
料金:
大人650円、小人450円
TEL:
0279-86-4141
FAX:
0278-86-4146
詳細情報:
http://www.princehotels.co.jp/
1783(天明3)年旧暦の7月8日、浅間山の大爆発の際に流出した溶岩流によって、1000名を超える死者が出たが、鬼押出しは、その溶岩流の名残り。浅間山の山頂火口から北方へ5.5km、幅800m~2kmに渡って溶岩が流出した。200年以上たっても黒い岩肌をさらす奇観は、世界三大奇勝に数えられ、一見の価値がある。溶岩が黒いのは、まだ爆発から日が浅いから(年月がたつと白くなっていく)。鬼押ハイウエー沿いにある「鬼押出し園」はプリンスホテルズ&リゾーツの施設。広大に広がる岩海に全長2.7kmの遊歩道が整備されており、散策が可能だ。園内には、爆発による犠牲者の霊を弔う浅間観音堂(上野・寛永寺の別院)のほか、ヒカリゴケ自生地、ハクサンシャクナゲ群生地、トウゴクミツバツツジ群生地などがある。コマクサ(5月下旬~7月下旬)、レンゲツツジ(6月上旬~6月下旬)、クロマメノキ(6月上旬~7月上旬/8月には浅間ベリーといわれる実を付ける)、ヤナギラン(7月下旬~8月下旬)などの花見も楽しめる。浅間観音堂までは表参道(510m)、裏参道(410m)。さらに奥の院参道(1200m)、高山植物観察コース(700m)があるので体力や時間にあわせて選択できる。リードを使用すれば愛犬と一緒に入園できる。【絶景】【自然観察】【火山地形】
問合わせ・連絡先
鬼押出し園
電 話:0279-86-4141