伊香保温泉飲泉所

気軽に伊香保の源泉を飲用できる/いかほおんせんいんせんじょ
開催場所:
伊香保温泉飲泉所
377-0102 群馬県渋川市伊香保町伊香保湯元
駐車場:
20台(河鹿橋駐車場)
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
関越自動車道渋川伊香保ICから国道17号を前橋方面に2km走った半田交差点を右折、県道28号を3km走った上野田交差点を右折、県道15号を9km
アクセス(電車):
JR渋川駅から関越交通バス伊香保温泉行きで27分、終点下車、徒歩20分
営業時間:
飲泉自由
TEL:
0279-72-3151
伊香保温泉は、明治初期に「日本の温泉医学の父」といわれるベルツ博士から国内で初めて、医学的温泉療法の指導を受けた名湯。伊香保温泉の泉質は弱酸性、低張性温泉で飲用すれば痛風、慢性アレルギー性疾患、肥満症などに効能がある。伊香保温泉飲泉所は、伊香保神社から伊香保露天風呂に向かう途中にあり、だれでも気軽に温泉が飲用できる。飲泉所のある東屋には、ベンチも設置されている。ただし鉄分を含んだ温泉はお世辞にもおいしいとはいえず、口直しの水も用意されている。飲泉所すぐ近くにかかる紅葉橋のたもとに「湯元呑湯道標」(ゆもとのみゆどうひょう)がある。「右 榛名山二ツ嶽、左 湯元呑湯」と記された標石(しるべいし)は、ベルツ博士の指導により飲泉療法が盛んになり飲泉所(呑湯)も設置されたが、その道案内に明治23年に設置されたもの。湯元というのは源泉のある地区一帯の字名だ。「湯元呑湯道標」は、渋川市指定史跡。【温泉】
問合わせ・連絡先
渋川伊香保温泉観光協会
電 話:0279-72-3151