源泉湧出口観覧所

伊香保温泉の源泉の湧出を見学/げんせんゆうしゅつぐちかんらんじょ
開催場所:
源泉湧出口観覧所
377-0102 群馬県渋川市伊香保町伊香保湯元
駐車場:
20台(河鹿橋駐車場)
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
関越自動車道渋川伊香保ICから国道17号を前橋方面に2km走った半田交差点を右折、県道28号を3km走った上野田交差点を右折、県道15号を9km
アクセス(電車):
JR渋川駅から関越交通バス伊香保温泉行きで27分、終点下車、徒歩20分
営業時間:
見学自由
TEL:
0279-72-3151
伊香保神社から徒歩10分、温泉街の最奥、伊香保露天風呂脇にある第2号源泉湧出口を見学できるのが源泉湧出口観覧所。湧出量毎分14423リットルという源泉(硫酸塩泉)が勢いよく噴出する様子をドーム型のガラス越しに眺められる。茶色い湯で知られる伊香保温泉だが、湧き出したばかりの湯は酸化していないので無色透明だ。周辺は猿沢と呼ばれる小さな沢で、広重の『江戸伊香保八景・猿沢の猿』にも描かれた名所。江戸の昔にはこの沢に多くの猿が棲んでいたという。すぐ近くにはラドン発見の碑が立っている。キュリー夫人がラジウムを発見した11年後の明治42年夏、東京帝国大学眞鍋嘉一郎医学士(のちの第1回日本医学放射線学会会長)、石谷傳一郎理学士はこの地にテントを張って研究し、ついに温泉中にラドンを発見したのだという。それが日本におけるラドンの最初の発見。【ルーツ】
問合わせ・連絡先
渋川伊香保温泉観光協会
電 話:0279-72-3151