伊香保温泉・石段街

伊香保温泉のシンボル的存在の石段/いかほおんせんいしだんがい
開催場所:
伊香保温泉・石段街
377-0102 群馬県渋川市伊香保町伊香保
駐車場:
29台(石段街駐車場)
駐車場料金:
無料/徳冨蘆花記念文学館駐車場(70台/
駐車場マップ:
アクセス(車):
関越自動車道渋川伊香保ICから国道17号を前橋方面に2km走った半田交差点を右折、県道28号を3km走った上野田交差点を右折、県道15号を9km
アクセス(電車):
JR渋川駅から関越交通バス伊香保温泉行きで27分、終点下車、徒歩5分
TEL:
0279-72-3151
榛名(はるな)山北東麓に湧く古湯、伊香保温泉。戦国時代にできたという石段は、温泉街のシンボル的存在だ。山上の伊香保神社と山裾の伊香保御関所を300m、360段で結ぶ。石段の両側には、みやげ物屋などが軒を連ねており、階段には与謝野晶子(よさのあきこ)の詩『伊香保の街』が刻まれている。途中には、宿に分湯される温泉が、地下を流れる様子をガラス越しに眺められる小間口、ベンチなどもあり、ひと息つくこともできる。石段街は長篠の戦いで敗れた武田勝頼が真田昌幸(真田幸村は昌幸の次男)に命じて造らせたもの。温泉街は当初、源泉近くにあったが、長篠の合戦での多数の負傷者の治療のため、石段沿いに温泉街を建築した。石段の内部には温泉を流す湯樋が通され、温泉を各旅館に配湯するシステムにもなっている。石段途中で分湯する口を小間口(小満口)といい、温泉は16ヶ所設けられた小間口から巧みに配湯されている。石段は長篠の戦いの翌年、1576(天正4)年に完成し、小間口による分湯方式は1639(寛永16)年に規定された制度で、今もほとんどそのスタイルに変化はない。
問合わせ・連絡先
渋川伊香保温泉観光協会
電 話:0279-72-3151