柏競馬場跡

戦前は「日本一の競馬場」といわれた/かしわけいばじょうあと
開催場所:
柏競馬場跡
277-0845 千葉県柏市豊四季台4-1ほか
駐車場:
駐車場マップ:
昭和3年に開設した本格的な競馬場。コースは一周1600m、幅員30mで、そのスケールは現在の盛岡競馬場に匹敵する。千葉県畜産組合連合会が主催して競馬を開催。。初開催の3日間で5万人余の入場者を記録し、東洋一の近代競馬場だと人気を博した。戦前、千葉県は日本有数の馬産地だったことが競馬場建設の背景となっている。戦時下には「柏鍛錬競馬」と称して軍用馬の競走が行なわれ、戦後は千葉県営競馬として復活したが昭和27年に船橋競馬場に移転した。競馬場の跡地は、豊四季台団地となり、面影はないが団地西端の道路はかつての走路の跡と推測できる。