浅間神社

境内に富士塚が現存/せんげんじんじゃ
開催場所:
浅間神社
270-0164 千葉県流山市流山1-154
駐車場:
流山市役所駐車場を利用/徒歩5分
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
営業時間:
境内自由
富士講の盛んだった江戸時代初期に流山に創建された富士浅間神社。社殿の背後には溶岩で築かれた高さ6mの富士塚(人工のミニ富士)もある。北口一合目、二合目と、実際の登山の疑似体験ができ、山頂には明治19年に配された「富士浅間大神」(ふじあさまのおおかみ)の碑がある。鎮座する 流山根郷(ねごう)は、流山の中心地。流山根郷地区は、1868(慶応4)年に新選組と新政府軍が激突した地。醸造家長岡屋を本陣として、光明院、流山寺などに分宿していた近藤勇以下の新選組は、新政府軍に包囲されるが、新政府軍の本陣が置かれたのがこの浅間神社だ。【寺社】【パワースポット】【古戦場】