香取神宮楼門

丹塗りの楼門は国の重文/かとりじんぐうろうもん
開催場所:
香取神宮楼門
287-0017 千葉県香取市香取1697
駐車場:
300台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
営業時間:
参拝自由、宝物館は9:00~16:00
休業日:
宝物館は無休
料金:
宝物館は大人300円、小人100円
TEL:
0478-57-3211
FAX:
0478-57-3214
詳細情報:
http://www.katori-jingu.or.jp/
現存する香取神宮の丹塗りの楼門は、本殿と同じく1700(元禄13)年に造営されたもので、国の重要文化財。楼門内安置の随身は、右が武内宿禰(たけうちのすくね=『古事記』『日本書紀』記載の大和朝廷初期の大臣。第12代景行天皇の時に北陸・東国を視察して、蝦夷の征討を進言)、左が藤原鎌足(ふじわらのかまたり=天智天皇の腹心で藤原氏繁栄の礎を築く)と伝えられている。楼上の扁額は日露戦争で連合艦隊を率い、バルチック艦隊を破った東郷平八郎の筆。【寺社】【建築】

問合わせ・連絡先
香取神宮社務所
電 話:0478-57-3211