下総国分寺

古代の国分寺の後継寺院で本堂は金堂跡に建つ/しもうさこくぶんじ
開催場所:
下総国分寺
272-0834 千葉県市川市国分3-20-1
駐車場:
国分寺仁王門前を利用
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
営業時間:
境内自由
TEL:
047-371-7221
前身は、741(天平13)年、聖武天皇の詔により、国家鎮護のために諸国に建立された国分寺(金光明四天王護国之寺)。平安時代に、国分寺は衰退し、その後真言宗豊山派の寺として再興した。寺の再興の時期は定かでないが、鎌倉時代以前と推測される。境内には下総国分氏の祖である国分五郎(国分胤通=平安時代末期の惣領千葉常胤の五男)の供養塔や阪井久良伎(さかいくらき=川柳作家、市川に僑居して継古庵と号した)の句碑、三人地蔵(里見公園から移築)がある。 【寺社】【パワースポット】【国府】【古代史】

問合わせ・連絡先
下総国分寺
電 話:047-371-7221