史跡上総国分尼寺跡展示館

国分寺・尼寺跡出土の遺物を展示/しせきかずさこくぶんにじあとてんじかん
開催場所:
史跡上総国分尼寺跡展示館
290-0073 千葉県市原市国分寺台中央3-5-2
駐車場:
25台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
館山自動車道市原ICから約4.1km(10分)
アクセス(電車):
JR内房線五井駅東口から小湊鉄道バス国分寺台行き・山倉こどもの国行きなどで市原市役所下車、徒歩10分
営業時間:
9:00~17:00(入館は16:30まで)
休業日:
月曜(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月3日休
料金:
入館無料
TEL:
0436-21-7633
FAX:
0436-21-7633
市原市役所周辺の台地は古代上総国の政治、文化の中心地。741(天平13)年、聖武天皇の詔によって全国に造営された国分寺(金光明四天王護国之寺)と国分尼寺(法華滅罪之寺)は、現在の市役所周辺で遺構が発見されている。上総国分尼寺は、現在確認されている国分尼寺では全国最大規模のもの。展示館では、国分寺・尼寺跡出土の遺物、国分尼寺のジオラマ模型などを展示。また中門、中門と金堂を結ぶ回廊が復元されている。これは、発掘された遺構の真上に原寸大で、奈良時代の建築技法を駆使して往時のままに再現したもの。市原市役所を挟んで反対側に国分寺跡があり、七重塔跡などが残されている。国府(政庁)の遺構は発見されておらず、古甲遺跡など群本遺跡群(市原市郡本)、村上遺跡群(市原市村上)が国府推定地となっている。また市原市惣社にある戸隠神社が上総国総社と推測されているが定かでない。【古代史】【ミュージアム】
問合わせ・連絡先
史跡上総国分尼寺跡展示館
電 話:0436-21-7633