佐倉武家屋敷・旧但馬家住宅

19世紀前半の築の武家屋敷/さくらぶけやしききゅうたじまけじゅうたく
開催場所:
佐倉武家屋敷・旧但馬家住宅
285-0016 千葉県佐倉市宮小路町57
駐車場:
10台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
東関東自動車道佐倉ICから県道65号を佐倉市街方面に3km走った宮小路町を左折、500m
アクセス(電車):
京成本線京成佐倉駅から徒歩17分。または、JR佐倉駅から徒歩20分
営業時間:
9:00~17:00(入館は16:30まで)
休業日:
月曜(祝日の場合は翌日)、12月28日~1月4日休
料金:
大人210円、小・中学生100円(旧河原家住宅、旧但馬家住宅、旧武居家住宅3棟共通)、武家屋敷3棟・旧堀田邸・佐倉順天堂記念館共通券大人540円、小・中学生270円
TEL:
043-486-2947
鏑木小路(かぶらぎこうじ=現・宮小路町)にある武家屋敷の一軒。19世紀前半の築の武家屋敷。記録から幕末の天保年間(1830年~1844年)以降は家禄100石の井口郡内が住んでいたことがわかっている。郡内は1860(万延元)年1月に死去しているが、養子の井口宋兵衛(浅井忠の叔父)が屋敷に引き続き居住したかは不明だ。明治5年時点では、旧禄高20人扶持の岡田陽助屋敷(佐倉城外45番屋敷)になっており、明治8年に旧佐倉藩士・但馬氏が屋敷を購入しているため旧但馬家住宅と呼んでいる。平成2年に南側の土間部分を往時の状態に復元している。旧所在地と同一地点に復原されており、屋敷の裏手には茶が茂る菜園となるなど屋敷地の形状や植栽からも往時の武家屋敷様子が垣間見られる。休憩施設にもなっており、一息つくことができる。【建築】
問合わせ・連絡先
佐倉武家屋敷
電 話:043-486-2947