遠見岬神社

安房を開拓した天冨命を祀る/とみさきじんじゃ
開催場所:
遠見岬神社
299-5233 千葉県勝浦市浜勝浦11
駐車場:
10台/勝浦ビックひな祭り開催期間は守谷海岸駐車場(500円
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(電車):
JR勝浦駅から徒歩10分
営業時間:
境内自由、授与所9:00~17:00
TEL:
0470-73-0034
FAX:
0470-73-2007
詳細情報:
http://www.tomisaki.or.jp/
社伝によると阿波(現在の徳島県)の開拓を終えた天冨命(あめのとみのみこと)は東国に移って、安房の開拓を行なった後、遠見岬(八幡岬突端富貴島)に暮らして、住民に先端技術を伝授した。勝占(かつうら)麻植が天冨命の居跡に社を建て、開拓の祖神として祀ったのが始まりという。黒潮にのって開拓神がやってきたという壮大なる伝説を今に伝える社だ。江戸時代までは富大明神と称し、1601(慶長6)年に発生した高潮で社殿は決壊し、御神体は尊磯の浜に流れ着いた。1659(万治2)年、勝浦城主・植村泰忠が現在地に遷座した。旧社地は一部が島となって残るのみだが、阿波(あわ)の忌部氏が移住した本拠地が安房(あわ)という伝説は、安房神社や遠見岬神社で確認できる。『勝浦ビッグひな祭り』では石段を雛壇に見立てて雛人形が並べられ、テレビなどで放送される。【寺社】【パワースポット】【古代史】【祭】
問合わせ・連絡先
遠見岬神社
電 話:0470-73-0034