酪農資料館

日本の酪農発祥の地を学ぶ/らくのうしりょうかん
開催場所:
酪農資料館
299-2507 千葉県南房総市大井686
駐車場:
110台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
富津館山道路鋸南富山ICから約16.9km(36分)
アクセス(電車):
JR安房鴨川駅からタクシーで20分
営業時間:
9:30~16:30(入館は16:00まで)
休業日:
月曜(祝日の場合翌日)、12月29日~1月3日休
料金:
入館無料
TEL:
0470-46-8181
FAX:
0470-46-8182
詳細情報:
http://www.e-makiba.jp/
南房総市にある「酪農のさと」内にあり、酪農歴史や牧場、乳文化を解説紹介する資料館。展示室は3つにわかれ、世界の酪農史や乳製品を作る道具を紹介する第1展示室、乳牛と牧場に関する展示を行う第2展示室、日本の酪農と、千葉県の酪農の歴史と現在を紹介する第3展示室となっている。嶺岡地域(現在の南房総市大井)は日本の酪農発祥の地。戦国時代には里見氏の軍馬の育成する牧場があり、江戸時代には幕府直轄の牧場に。徳川幕府8代将軍・吉宗が輸入した白牛からバターのような白牛酪を生産し、将軍に献上、さらには庶民にも販売したという。【ミュージアム】
問合わせ・連絡先
千葉県酪農のさと
電 話:0470-46-8181