市原ぞうの国

国内最多飼育数のゾウを飼育/いちはらぞうのくに
開催場所:
市原ぞうの国
290-0521 千葉県市原市山小川937
駐車場:
200台
駐車場料金:
1回500円
駐車場マップ:
アクセス(車):
館山自動車道木更津北ICから約23.2km(42分)。または、首都圏中央連絡自動車道木更津東ICから約20.4km(37分)
アクセス(電車):
小湊鉄道高滝駅から無料送迎バス利用(前日17:00までに要予約)。小湊鉄道上総牛久駅からタクシーで10分。横浜駅・羽田空港から上総牛久駅までは茂原駅行きの空港リムジンバスを利用することも可能。横浜駅から直行便で1時間5分(羽田空港経由便で1
営業時間:
9:00~17:00(入園は16:30まで、11月~2月は16:00まで)
休業日:
木曜休(祝日、春休み・夏休み・冬休み期間は開園)
料金:
大人1800円、小学生900円、3歳以上幼児500円
TEL:
0436-88-3001
FAX:
0436-88-2943
詳細情報:
http://www.zounokuni.com/
「ぞうさんショー」、「ぞうさんライド」、「ぞうさんリフト」なので人気のゾウに触れ合うことのできるユニークな動物園。国内最多飼育数のゾウ9頭のほかに、ラクダ、ポニー、キリン、ライオン、シマウマ、アライグマ、カバ、チンパンジーなど100種類400頭羽の愛らしい動物を飼育。人気は、毎日開催される「ぞうさんショー」で、ダンスやバスケットボールをする芸達者なゾウたちが繰り広げるショーが楽しい。「ぞうさんショー」の終了後にはゾウの背中に乗って広場を一周する「ぞうさんライド」(2500円、定員1~3名)、ゾウの鼻にぶら下がって記念撮影ができる「ぞうさんリフト」(「ぞうさんのうんちリサイクルペーパー」で作った特製フォトフレーム付きのポストカードとなって2000円)も実施。飼育される象はヨウコ、マミー、ミニスター、ランディなど11頭。ランディは、市原ぞうの国園長・坂本小百合原作の『ちび象ランディと星になった少年』(文芸春秋刊)に描かれ、映画『星になった少年』に登場するゾウ。1980年、タイ王国に生まれたメスのアジアゾウで、日本のサーカスで活躍した後、市原ぞうの国にやってきた。『星になった少年』(平成17年、フジテレビジョン制作)の主人公、坂本哲夢さんも実在の人物(坂本小百合さんのご子息)で、12歳の時にタイで1年半にわたりゾウ使いになるための本格的修行を積み、帰国後、タイで学んだ調教法でランディたちを調教。「ぞうさんショー」、「ぞうさんライド」を本格的に始めた矢先に、交通事故で不慮の死を遂げる。20歳のときのこと。しかし、哲夢さんの遺志は、今も「市原ぞうの国」に脈々と流れており、多くの入場者の笑顔がそれを裏付けている。【動物園・水族館】
問合わせ・連絡先
市原ぞうの国
電 話:0436-88-3001