水郷佐原山車会館

佐原の大祭を体感できるミュージアム/すいごうさわらだしかいかん
開催場所:
水郷佐原山車会館
287-0003 千葉県香取市佐原イ3368
駐車場:
35台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
東関東自動車道佐原香取ICから約3.7km(8分)
アクセス(電車):
JR佐原駅から徒歩15分
営業時間:
9:00~16:30(佐原の大祭夏祭り期間中は20:30まで)
休業日:
月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始休
料金:
大人400円、小・中学生200円、伊能忠敬記念館との共通券は大人800円、小・中学生350円
TEL:
0478-52-4104
FAX:
0478-52-4104
詳細情報:
http://www.city.katori.lg.jp/dashikaikan/
利根川水運を利用した内海江戸廻り航路(うちうみえどまわりこうろ)の拠点、利根川髄一の河港商業都市として栄えた佐原。佐原の大祭は、7月の八坂神社「祗園祭」、10月の「諏訪神社例祭」の年2回。名物の「佐原囃子(ばやし)」(祇園囃子、神田囃子と並び日本三大囃子)にのって、絢爛豪華な山車(だし)が繰り出し、町中をひきまわすにぎやかなお祭りだ。「佐原の山車行事」「佐原囃子」は、国の重要無形民俗文化財。2つの大祭で使われる山車や人形を展示するのが、八坂神社境内に建つ水郷佐原山車会館だ。ビデオシアターで、大祭の熱気を体感したら、山車展示室へ。24台収蔵の山車のうち、2台ずつを常設展示している。京・八坂神社に神輿を贈ったのが始まりという、総檜造りの山車は、身の丈5mという大きな人形を飾った独特なもの。半纏と提灯が用意されているので、山車の前で祭り気分で記念撮影ができる仕組み。2階は展望展示室で山車を横から眺めることができる。2階の展示ゾーン、3階の企画展示室では佐原の「江戸優り文化」に触れることができる。【ミュージアム】【祭】【日本三大】【水郷】

問合わせ・連絡先
水郷佐原山車会館
電 話:0478-52-4104