赤山地下壕跡

館山海軍航空隊の地下壕に潜入/あかやまちかごうあと
開催場所:
赤山地下壕跡
294-0033 千葉県館山市宮城192-2
駐車場:
20台(豊津ホール)
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
営業時間:
9:30~16:00(入壕受付は15:30まで)
休業日:
第3火曜(休日の場合はその翌日が休壕)、12月29日~1月3日休
料金:
大人200円、小・中・高校生100円、赤山地下壕と館山市立博物館共通入館券は大人400円、小・中・高校生150円
TEL:
0470-24-1911
館山海軍航空隊の地下壕。総延長約1.6kmの地下壕(トンネル)で、太平洋戦争末期の昭和19年頃から建設が始まったと推定されている(建設年代は太平洋戦争開戦以前とする説もあり定かでない)。館山海軍航空隊の防空壕で基地の司令部・奉安殿・戦闘指揮所・兵舎・病院・発電所・航空機部品格納庫・兵器貯蔵庫・燃料貯蔵庫として機能していた。受付は、豊津ホールで行ない、ヘルメットを借りて入壕する仕組み。公開されているのは250mほどだが、凝灰岩質砂岩を素掘りした地下壕は、全国でも珍しい地下の航空要塞。豊津ホール前から海岸に向けての小道は弾薬や資材を運んだ道だ。入壕できる地下壕としては長野市松代町の松代大本営跡の象山地下壕(ぞうざんちかごう)があり公開されている。【戦争遺跡】
問合わせ・連絡先
豊津ホール
電 話:0470-24-1911