野島埼灯台

房総半島最南端の灯台は見学も可能/のじまざきとうだい
開催場所:
野島埼灯台
295-0102 千葉県南房総市白浜町白浜630
駐車場:
130台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
富津館山道路富浦ICから国道127号を館山方面に走った北条交差点を左折、国道410号を白浜方面に18kmの灯台入口を右折
アクセス(電車):
JR館山駅からJRバス安房神戸回り白浜行きで33分、野島崎灯台口下車、徒歩12分、またはJRバスフラワーライン経由安房白浜行きで51分、灯台前下車、徒歩5分
営業時間:
5月~9月は9:00~16:30、10月~4月は9:00~16:00
休業日:
荒天時休
料金:
大人200円、小学生以下無料(野島埼灯台資料展示室きらりん館共通)
TEL:
0470-38-3231
房総半島最南端に建つ。1866(慶応2)年にアメリカ、イギリス、フランス、オランダと結んだ 江戸条約によって設置を約束した8ヶ所(野島埼灯台、観音埼灯台、樫野埼灯台、神子元島灯台、剱埼灯台、伊王島灯台、佐多岬灯台、潮岬灯台)の灯台のひとつ。江戸湾(東京湾)に入る船にとっての重要な指標となる場所だったのだ。明治2年1月1日に、対岸の観音埼灯台が全国にさきがけて点灯したのに呼応して明治2年1月10日、木造四角櫓型の仮灯台を設置。同年12月に八角形レンガ造りの灯台が完成した。関東大震災で、この地は2mも隆起し(灯台周辺の岩礁はその時隆起したもの)、灯台も途中から折れるという被害を受けた。現存するものはその時の大修復を経たもの。「日本の灯台50選」、国の登録有形文化財に選定されている。高さは29m(平均水面上から灯火まで38m)、灯火部分まで上れ、付属の灯台資料展示室「きらりん館」にも入場可能だ。灯台の上からは洋上に伊豆大島や沖に行き交う船を眺望。また周辺は磯沿いに歩く遊歩道が整備され、散策に最適だ。灯台を背に「最南端の碑」も立つ。【日本の灯台50選】【絶景】
問合わせ・連絡先
野島埼灯台資料展示室きらりん館
電 話:0470-38-3231