平砂浦

フラワーライン沿いに続く砂浜の海岸/へいさうら
開催場所:
平砂浦
294-0224 千葉県館山市藤原
駐車場:
道の駅南房パラダイスを利用
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
富津館山道路富浦ICから約15.7km(30分)
アクセス(電車):
JR館山駅からJRバスフラワーライン経由安房白浜行き32分、平砂浦海岸下車、すぐ
洲崎から野島崎間の約17kmを結ぶ「房総フラワーライン」。冬でも温かなその道沿いに続く、約6kmの砂浜が平砂浦。日本の道100選の「房総フラワーライン」に沿った砂丘の海岸が平砂浦。潮の関係で遊泳禁止地区となっているが、穏やかな波うち際を歩くだけでも楽しい綺麗な海岸だ。平砂浦の砂丘地帯が誕生したのは地震による隆起。関東大震災でも隆起しているが1703(元禄16)年(元禄地震=平砂浦では5mほど隆起したと推定されている)と1855(安政2)年(安政江戸地震)という2つの大地震で巨大な砂丘地帯が誕生した。その後、その陸側にある農地は風で飛ばされる砂によって大きな被害を受けてきた。200年近くに渡る砂との戦いに終止符が打たれたのは、防砂を目的とした松林の植林が昭和24年から10年の歳月をかけて行なわれたから。今では「日本の白砂青松100選」に選定される美しい松林と成長した。サイクリングロードや、松林に散策路も整備されており、12月中旬になると潮風とともに野生のスイセンの香りが漂う。ベストシーズンは菜の花が咲き誇る1月から4月にかけてだ。【日本の白砂青松100選】