日本寺・東海千五百羅漢

「世界一の羅漢霊場」を巡る/にほんじとうかいせんごひゃくらかん
開催場所:
日本寺・東海千五百羅漢
299-1901 千葉県安房郡鋸南町元名184
駐車場:
200台(大仏口管理所駐車場)
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
館山自動車道木更津南ICから国道127号を館山方面に29km走った明鐘岬から鋸山道路を利用
アクセス(電車):
JR浜金谷駅から徒歩8分の山麓駅から鋸山ロープウェーで4分、鋸山駅下車、徒歩25分(山頂展望台・千五百羅漢道経由)。またはJR浜金谷駅からタクシーで15分、日本寺大仏管理所下車、徒歩10分
営業時間:
8:00~17:00
休業日:
無休
料金:
日本寺入山料として大人600円、4歳~12歳400円
TEL:
0470-55-1103
詳細情報:
http://www.nihonji.jp/index.html
鋸山山頂と日本寺大仏を結ぶ日本寺境内のメインルートに配された羅漢群(石仏群)。西国観音、百躰観音など、山頂から大仏広場までのいたるところに石仏を見かけるが、これが、「東海千五百羅漢」と呼ばれるもの。高雅愚伝禅師の発願で、上総桜井(現在の木更津市)の名工、大野甚五郎英令が1779(安永8)年~1798(寛政10)年の21年間をかけて、門弟27人とともに生涯をかけて刻んだ石仏だ。風食によってできた洞窟に安置されている。石仏の数は1553体を数え、弘法大師護摩窟、維摩窟、百躰観音の石仏群は必見。原料となった石材は、地元の金谷石ではなく、海路、伊豆から運ばれた伊豆石だ。多くは明治の廃仏毀釈運動で頭を壊され、俗に「首なし羅漢」とも呼ばれている。大野甚五郎英令は、1798(寛政10)年に48歳で没し、日本寺境内に墓もある。【寺社】【パワースポット】
問合わせ・連絡先
日本寺
電 話:0470-55-1103