旧堀田邸・さくら庭園

佐倉藩の最後の藩主が明治に造った別邸/きゅうほったていさくらていえん
開催場所:
旧堀田邸・さくら庭園
285-0025 千葉県佐倉市鏑木町274
駐車場:
10台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
東関東自動車道佐倉ICから県道65号を佐倉市街方面に3km走った坂下Y字路先を右折、500m
アクセス(電車):
JR佐倉駅から徒歩10分
営業時間:
10:00~16:30(入館は16:00まで)
休業日:
月曜(祝日の場合は翌日)、12月28日~1月4日休
料金:
大人320円、小・中学生160円(庭園内は無料)、武家屋敷・旧堀田邸・佐倉順天堂記念館共通券大人540円、学生270円
TEL:
043-483-2390
詳細情報:
http://www.city.sakura.lg.jp/
佐倉藩11万石最後の藩主、堀田正倫(まさとも)が、明治23年、東京・深川佐賀町から住まいを移したのがこの旧堀田邸。明治期の旧大名家邸宅と庭園がともに残る貴重な例で、現在、邸宅とその日本庭園が、一般にも公開されている。約10万坪の敷地には、黒塗りの大黒門、座敷棟、湯殿などが残り、明治期の旧大名邸宅としては貴重な存在。また明治期の庭師、伊藤彦右衛門作庭の日本庭園(「さくら庭園」)は、自然をいかした造りで、その名の通り、春には桜が満開となり、梅など四季折々に美しい。高台に建つ屋敷からは市街が一望のもとだ。住居部の玄関棟・座敷棟・居間棟・書斎棟・湯殿および土蔵、門番所の7棟は、「旧堀田家住宅」として国の重要文化財に指定されている。湯殿は明治44年に東宮殿下(大正天皇)の休憩のために増築されたもの。【建築】【庭園】
問合わせ・連絡先
旧堀田邸
電 話:043-483-2390