手賀沼

遊歩道から水生植物や野鳥を観察/てがぬま
開催場所:
手賀沼
270-1155 千葉県我孫子市我孫子新田
駐車場:
50台(手賀沼公園駐車場、8:30~21:30)
駐車場料金:
1時間まで無料、以降1時間ごとに100円
駐車場マップ:
アクセス(車):
常磐自動車道柏ICから約10.8km(17分)で手賀沼公園駐車場
アクセス(電車):
JR我孫子駅から阪東バス市役所方面行きで5分、市役所前下車徒歩5分。または、JR我孫子駅から手賀沼公園経由で遊歩道を徒歩40分
手賀沼は我孫子市、柏市、印西市、白井市にまたがる南北1km、東西16kmの細長い沼で、冬の渡り鳥の居留地でもある。中央付近の北岸(我孫子市)に手賀沼公園が整備されており、公園にはミニSLやアスレチック、レンタサイクルなどがある。手賀沼公園から手賀沼に沿って、手賀沼漁業協同組合フィッシングセンター付近までの5.3kmに「手賀沼遊歩道」が整備され、途中の「我孫子市鳥の博物館」や水生植物園の見学もできる。水生植物園にはアヤメもあり、例年6月上旬~中旬に見頃となり『あやめまつり』も行なわれる。「鳥の博物館」、「道の駅しょうなん」(県道船橋我孫子線・手賀大橋近く)など湖畔の6ヶ所には我孫子市あゆみの郷公社が経営するサイクリングのステーションがある。レンタサイクルは大人300円、小人100円(12月~3月中旬は休業)。8月初旬には『手賀沼花火大会』、8月下旬には『手賀沼トライアスロン』が行なわれる。昭和49年~平成12年度は水質全国ワーストワンだったが、周辺自治体の努力などが実を結び、現在では昭和40年代前半と同じくらいに環境が改善されている。「我孫子市鳥の博物館」近くにある手賀沼親水広場は、手賀沼の水質浄化の拠点として整備された場所で展望室などがある。南岸の将門神社に近い岩井新田には10haに渡る広大なハスの群生地がある。昭和20年代に、水田で栽培していたハスの一部が沼の中に繁殖を始めたものでが7月下句から8月にかけて、美しく花を咲かせる。【湖沼】【花見】