北海道林木育種場旧庁舎

国の有形登録文化財となった昭和初期の庁舎/ほっかいどうりんぼくいくしゅじょうきゅうちょうしゃ
開催場所:
北海道林木育種場旧庁舎
069-0836 北海道江別市文京台緑町561-2
駐車場:
10台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
営業時間:
9:30~16:30
休業日:
土・日曜、祝日のみ開館、12月29日~1月3日休
TEL:
011-388-7551
野幌国有林(現在の野幌森林公園一帯)では明治時代から北海道の林業を支える様々な研究が行なわれた。明治41年に札幌郡江別村(現在の江別市)、野幌国有林内に帝室林野局野幌林業試験場が設置され、昭和2年に内務省林業試験場北海道支場が江別村志文別(現・江別市西野幌)から現在地(現・江別市文京台緑町)に移転した。昭和2年に建築された北海道林木育種場の庁舎は、大正、昭和初期に流行したハーフティンバーを基調とし、木製ドアー、腰壁板、木製窓枠などに優れた意匠が施されている。国の有形登録文化財となった建物は、入館して1階休憩室、談話室、トイレ、更衣室のみ利用できる。【建築】

問合わせ・連絡先
北海道林木育種場旧庁舎
電 話:011-388-7551