北海道立埋蔵文化財センター

北海道の古代を発掘史料で紹介/ほっかいどうりつまいぞうぶんかざいせんたー
開催場所:
北海道立埋蔵文化財センター
069-0832 北海道江別市西野幌685-1
駐車場:
64台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
道央自動車道江別西ICから15分、新千歳空港から1時間
アクセス(電車):
JR大麻駅から徒歩20分
営業時間:
9:30~16:30
休業日:
月曜(祝日、振替休の場合は開館)、一部の祝日、12月29日~1月3日休(その他臨時休あり)
料金:
無料
TEL:
011-386-3231
FAX:
011-386-3238
詳細情報:
http://www.domaibun.or.jp/index11.htm
北海道内の埋蔵文化財の発掘調査を行なうとともに、発掘した史料の保存と展示を図る施設で野幌森林公園にある。北海道は縄文時代からアイヌ時代、さらには和人の進出と様々な歴史があるが、道路・空港・ダムなどの建設で現在でも日常的に発掘が行なわれている。千歳市のキウス4遺跡(キウス周堤墓群=千歳市中央410)からは、周堤墓とよばれる墓や多数の建物跡が発掘されているが、館内では縄文時代後期、約3000年前のキウスムラの様子をジオラマで再現。土器、道具、装飾品などから古代の生活ぶりが垣間見られる仕組み。千歳市ママチ遺跡第310号土壙墓(千歳市真々地町)から出土した国の重要文化財「土面」は、縄文時代晩期終末(約2300年前)の写実的な土製仮面。【ミュージアム】【古代史】【縄文】

問合わせ・連絡先
北海道立埋蔵文化財センター
電 話:011-386-3231